あなたの資産のマネージメント

増税

2019年も5月1日からは新たな年号の年となりました。

10月から消費税率も10%となり、消費税率を上げることによる消費の落ち込みを最小にするべく次から次と税務上の対策を打ち出している政府ですが、とにかく複雑でわかりにくい税制となりました。車、住宅購入については今まで以上に税負担を軽減して、増税による消費減少を防ごうとしています。

降ってわいたようにキャッシュレスを推奨するのも果たしてその効果があるのかどうか、しばらくは混乱する消費生活となりそうです。

FPとしては新制度をしっかりと理解し、クライアントに不利とならない企画提案をしてまいりたいと存じます。

Blog

相続法改正(仮戻制度)

去年改正された民法の一部が、明日7月1日に施行されます。 これまでは、亡くなった人の財産は、遺産分割協議が整うまで銀行口座、郵便貯金など、金融資産の換金取り崩しはできませんでした。明日、預貯金の仮払い制度(払戻制度)が開 …

成年後見人は身内の方が良い

今朝の朝日新聞に掲載されていたが、最高裁は現在、身内の不正行為が多いとの理由で、弁護士、司法書士などの専門職に委ねてきた成年後見人を、親族の方が良いのでは、の議論を続け、制度運営方針を変更する方針であると。 大賛成です。 …

収益型住宅

自宅として所有している物件で、駅にも近い便利な場所でがあるが、古くなって建て替えようと思っている。昔は家族も多く賑やかな家だったが、今では、老夫婦だけになって静かなものだ。なので、建て替えて住もうにも大き過ぎる。いっそ売 …

認知症対策

年老いた母が圧迫骨折で入院した。医者の見立ては、骨がくっつくまで2,3ヶ月はかかるし、その後はリハビリのできる施設への入所が望ましいと。幸いにも父の残した預金もあり費用には困らなかった。しかし、歳も歳、90近くなっての病 …

借地権整理

借地権整理の相談はよく受ける。親の残した借地に建つ住宅の相続から「その建物が不要であるので、地主に返したいのだが更地にして返さないといけないのでしょうか?」 親が残した借地、古いものでは契約書がないことも多い。過去は地主 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.